中期経営計画

森永乳業グループは、2019年3月期から2021年3月期の3年間の中期経営計画に取り組んでいます。
この中期経営計画策定に先立ち、10年先、2029年3月期を見据えた「森永乳業グループ10年ビジョン」を制定し、「『食のおいしさ・楽しさ』と『健康・栄養』を両立した企業へ」「世界で独自の存在感を発揮できるグローバル企業へ」「サステナブルな社会の実現に貢献し続ける企業へ」を当社グループのありたい姿と定め、「営業利益率7%以上」「ROE10%以上」「海外売上高比率15%以上」を2029年3月期の数値目標に設定しています。
この考えのもと、2022年3月期までの3年間を確固たる事業基盤づくりの期間と位置付け、「4本の事業の柱横断取組み強化による持続的成長」「経営理念実現に向けたESGを重視した経営の実践」「企業活動の根幹を支える経営基盤の更なる強化」の3つを基本方針に定め、売上高6,300億円、営業利益300億円の数値目標にも取り組んでまいります。

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
  • 100th Anniversary
TOP