品質・安全 Quality & Food Safety

品質保証体制 原料調達

良い商品をお届けするためには、安全で品質の良い原材料を調達することが何よりも大切です。そのため、原材料についての品質管理システムを構築してつねにその適否を判定し、厳しい基準をクリアした「品質と安全性が確保された素材」を選定・使用しています。

原材料の選定から工場納入までのチェック

原材料の選定

原材料の品質と安全性に問題が無いことを確認するために、さまざまな審査を行っています。
特に新規取引先から原材料を調達する場合、工場にも立入検査を行い、品質の確保に必要な設備、技術、人員、品質管理システムの状況を充分に確認します。
原材料サンプルの検査と品質保証書などの文書による審査とあわせて、品質と安全性を確保するために不可欠なものとして、厳格な基準のもとに実施しています。

原材料サプライヤーの品質チェック

既存の原材料サプライヤー(調達先)に対しても品質の維持・向上のために計画的な品質指導を行っています。厳しい目を光らせることで、互いに刺激となるばかりでなく、相互に顔を合わせ、膝を突き合わせることで良いコミュニケーションの場となっています。このような品質指導を通じてより強固な信頼関係を築くことができ、結果として原材料の安全・安心につながります。

原材料判定のための規格基準

  1. 原料乳受入検査基準:原料乳の品質は乳・乳製品の品質を決定する最大の要素であることから、原料乳受入検査基準を規定し、ミルクタンクローリーごとに品質検査を行っています。
  2. 資材規格:原材料品質の特性を規定し、先行ロット検査及び工場受入検査における合否判定の基準となる資材規格を原材料ごとに設定しています。資材規格が設定されていない原材料は使用してはならないことになっています。

原材料の検査

  1. 先行ロット検査:原材料サプライヤー側での検査とは別に、原材料のロットごとに森永乳業分析センターで事前に実施する検査です。
  2. 検証検査:残留農薬等については特殊な検査を実施しています。また、タンクローリー納入原料などは定期的な検査を行い、その品質と安全性が確保されていることを検証しています。

関連リンク 良質素材のお約束

ページトップ