2019年07月10日CM/キャンペーン

「森永とうふ」発売30周年!

日本初(※1)の“常温保存可能”な
「森永とうふ」シリーズ
発売30周年記念プロモーションを開始! さらに、賞味期限を7.2ヶ月(216日)に延長!!

 森永乳業は、日本全国で豆腐の販売実績がある企業を対象に、常温保存可能な豆腐の販売有無を調査した結果、宅配専用商品として販売している「森永とうふ」シリーズが、日本初の常温保存可能な豆腐であることを確認しました。(※1)
※1 森永乳業調べ(調査協力:株式会社ドゥ・ハウス)
 
 さらに、賞味期限をこれまでの6.4ヶ月(195日)から7.2ヶ月(216日)に延長し、より長期の保存が可能になりました。作り立てのおいしさをより長くお楽しみいただけるようになり、ご家庭での賞味期限切れによる食品ロスの削減を実現します。



 また、「森永とうふ」シリーズは今年で発売から30年を迎えました。それにあたり、「発売30周年記念プロモーション」として、「南極料理人」の西村淳氏とタイアップし、常温で長期保存が可能な「森永とうふ」シリーズの様々なシーンでの活用方法をご提案してまいります。
 西村氏は、平均気温-57℃でウイルスすら存在しない南極での越冬経験から、食材を余すことなく使い切る独自の技や、限られた食材でおいしい料理を作る創意工夫の技で、講演会、防災イベント等でご活躍されています。

 西村氏とのタイアップにより、ご家庭では、災害時でも活用できるかんたんレシピや、創意工夫の南極レシピを発信し、おいしさとともに「お取り置き」による利便性を訴求してまいります。さらに防災面では、内閣府他が主催する「ぼうさいこくたい2019」をはじめとする防災啓蒙イベント等にも積極的に取り組み、災害に備えたローリングストック(※2)の普及に努めてまいります。
※2 日常的に非常食を食べて、食べたら買い足すという行為を繰り返し、常に家庭に新しい非常食を備蓄していくという方法



TOP