森永乳業のCSR

CSRの考え方

森永乳業グループでは、CSRは経営理念を実現するためのすべての実務だと考えています。全従業員が自分ごととして実務に取り組むことで、「笑顔あふれる豊かな社会づくり」に貢献していきます。

CSR推進体制

森永乳業は、社長を委員長とするCSR委員会のもと、グループ全体でCSR活動を推進しています。2016年には、全社横断的機能を果たす専門部署として、CSR推進部を設置し、CSR活動の整備、各部署における活動の横串機能を強化、CSRに関する経営課題に全社レベルで取り組む体制を構築しています。社内への十分な情報発信と共有をはかることで、CSRの考え方を全社に浸透させていきます。
CSR委員会は、取締役会の機能を補強するために設置され、ESG(環境、社会、ガバナンス)の観点からサステナブルな社会を実現するために取り組むべき検討項目を洗い出し、対応、進捗、確認を含む議論をしています。

CSR推進体制

CSR委員会

社長を委員長とし、役員、関係部署の部長および委員長が指名する者を委員として構成し、事務局はCSR推進部が務めています。定例委員会は原則として半年に1回開催しています。

CSR推進部

CSR企画グループ、社会貢献推進グループ、環境対策グループで構成されます。
CSR企画グループ:ESG(非財務)情報の戦略および発信、企業文化・組織風土改善施策の立案、実施および推進
社会貢献推進グループ:工場見学や食育などの社会貢献活動の推進
環境対策グループ:全社的な環境対策の推進、ISO14001環境マネジメントシステムの運用・管理

ステークホルダーとコミュニケーション

共感の輪

森永乳業は、7つのステークホルダーに共感の輪を広げることを企業活動の基本とし、それぞれのステークホルダーとの関係において取り組むべきテーマを掲げています。

共感の輪

コミュニケーションの方法

森永乳業は各ステークホルダーについて、以下の方法を使用してコミュニケーションを行っています。

ステークホルダー コミュニケーション方法と実績
お客さま
  1. ①お客さま相談室
  2. ②顧客満足度アンケート調査
  3. ③エンゼル110番
  4. ④森と食の探検隊などの社会貢献活動
株主・投資家
  1. ①株主総会
    議決権行使数:420,112
  2. ②個人投資家説明会
    開催数:4回
    決算説明会
    開催数:2回
  3. ③IRサイトでの情報発信
取引先
  1. ①CSR調達アンケート
  2. ②品質向上勉強会・物流勉強会
  3. ③調達先説明会
学術・研究 共同研究・学会発表
従業員
  1. ①活き活きサーベイ(従業員満足度調査)
  2. ②キャリア調査
  3. ③夢共創フォーラムを通じての対話
地域社会
  1. ①工場見学
    2018年度来場者数:3万名
  2. ②環境清掃活動や催事への参加
    2018年度参加者数:12,758名
環境
  1. ①認証原材料の使用
  2. ②環境業界団体の協力と協働
  3. ③工場での周辺清掃

外部イニシアティブ・団体への加盟

森永乳業はサステナブルな社会の実現のため、さまざまなステークホルダーと対話・協働しています。
グローバルでは、2018年4月に国連の提唱する人権の保護、不当な労働の排除、環境への対応、そして腐敗の防止に関わる10の原則に賛同し、「国連グローバル・コンパクト」に署名しました。
また、原材料として使用している「パーム油」「パーム核油」においては、調達方針に基づき、2018年3月にRSPO(Roundtable on Sustainable Palm Oil:持続可能なパーム油のための円卓会議)に加盟しました。また、2019年4月には、「持続可能なパーム油ネットワーク(JaSPON)」に参加し、理事に就任しました。これからも引き続き、持続可能なパーム油の購入を行っていきます。
日本国内においては、牛乳乳製品の品質・生産技術の向上、酪農乳業の発展などに寄与するため、一般社団法人日本乳業協会ならびに全国牛乳容器環境協議会にて2018年度に会長職を務め、一般社団法人Jミルクにて理事を務めています。

外部イニシアティブ・団体への加盟

サステナビリティレポート2019

詳しい情報を「サステナビリティレポート2019」に掲載しています。

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP