カキと帆立のチーズピカタ

卵とチーズは好相性!旨みたっぷりのピカタ

レシピTOPへ
カキと帆立のチーズピカタ
  • 調理時間調理時間:(漬け込む時間は除く)30分
  • カロリー281kcal (1人分当たり)
  • ☆☆☆☆

栄養成分 (1人分当たり)

エネルギー
281kcal
たんぱく質
22.4g
脂質
15.6g
炭水化物
9.0g
食塩相当量
2.7g
カルシウム
247mg

使用する商品

材料(3人分)

カキ(加熱用) 6粒
帆立の貝柱(刺身用) 6個
▼合わせ調味料
・みりん 大さじ1
・酒 大さじ1
・しょうゆ 大さじ1
溶き卵 1個分
クラフトチェダースライス 6枚
薄力粉 適量
サラダ油 適量
小ねぎの小口切り 適量
すだち 適量

作り方

1

合わせ調味料は全材料を合わせ、2つに分けておきます。

2

カキは塩水でふり洗いをします。カキと帆立の貝柱は各々①に10分ほど漬け込み、ペーパーで水気をふきとります。

3

②に薄力粉をまぶし、半分に切ったチーズで包んで溶き卵につけます。【☝ポイント参照】

4

フライパンにサラダ油を熱して③を入れ、両面に焼き色がついて火が通るまで焼きます。

5

器に④を盛り付け、カキに小ねぎを散らし、すだちを添えます。

ひとくちメモ">

ピカタ【伊 piccata】はイタリア料理の一種で、薄切り肉を小麦粉と溶き卵の衣で包み、ソテーした料理です。薄切り肉だけでなく、鶏肉や魚介類などでのアレンジも楽しめます。定番レシピでは溶き卵にパルメザンチーズ(粉チーズ)を加えて調理しますが、今回のようにスライスタイプのチェダーチーズで包むと、彩りとコクがアップします。

ポイント

  • 中の具(貝類)に粉をはたいてからチーズで巻くと、チーズと具が密着し、焼いている時にはがれにくくなります。チーズで丁寧に包み込んで溶き卵をたっぷりつけます。カキや帆立が小さい時は、チーズ味が強くなりすぎないように、2個一緒に包むと良いでしょう。

前回見たレシピ

TOP