従業員

従業員の安全と健康

森永乳業グループでは、従業員の安全と健康の確保を企業経営の最優先課題であると考え、以下の「安全衛生基本方針」を定めるとともに、特に生産部門においては、工場ごとに労働安全衛生関連法令および社内規程に基づく安全衛生管理体制を組織し、労働安全衛生マネジメントシステムに則った先取りの活動により、安全衛生水準の向上を図るべく活動目標・計画を作成し、意欲的に取り組みを推進しています。

森永乳業グループ 安全衛生基本方針

森永乳業グループは、安全衛生は企業経営と企業存立の基盤であり、従業員の協力の下に安全衛生を確保することが経営者の最も重要な責務であると認識し、安全で働きやすい職場環境を確保するよう活動します。

<基本方針>
  • 1.安全衛生活動を従業員全員で取り組み、「安全第一」、「労災ゼロ」を目指して行動します。
  • 2.「決められたルールを必ず守る」風土や環境づくりを進め、安全衛生法並びに関係法令や社内規定を遵守します。
  • 3.心身共に働きやすい労働環境づくりを推進し、産業医と連携して定期健康診断や健康指導を行い従業員の健康づくりと健康増進を図ります。
  • 4.特に生産部門については以下の安全衛生活動に取り組みます。

安全衛生活動の推進

森永乳業グループの生産部門においては、リスクアセスメントにおいて、リスク除去・低減対策の実施、安全衛生監査の実施、およびメンタルヘルスの取り組みを展開しています。今後も先取り型の活動により安全衛生水準の向上を図るべく、積極的に推進していきます。

健康経営の推進

森永乳業では従業員自らが健康であることをめざして、2015年8月に「森永乳業健康宣言」を発信し、「森永乳業健康経営プログラム」を始動しました。フィジカルケア、メンタルケア双方の観点において、予防、治療、再発予防に取り組んでおり、健康診断結果に基づく保健指導やストレスチェックの実施、健康電話相談窓口の設置、治療と仕事の両立支援などの取り組みを行い、従業員の健康増進活動を推進しています。

ダイバーシティの推進

森永乳業では、多様性を認めるだけではなく、それぞれの社員が個性や能力を充分に発揮しながら、互いの違いを受容し、企業活動を推進することが大切だと考えています。全従業員が「ダイバーシティ&インクルージョン」を正しく理解するため、全国の事業所で説明会を実施する等、さまざまな取り組みをすすめています。

森永乳業ダイバーシティ&インクルージョン宣言

私たちは、
・社員の多様性を尊重し、すべての社員が強みを最大限に発揮できる職場づくりに取り組みます。
・ワークもライフも、社員の「笑顔」と「活き活き」を応援します。
・一人ひとりが笑顔で活き活き働くことで、私たちならではの価値を社会にお届けし続けます。

女性の活躍の推進

森永乳業では、ダイバーシティ推進の一環として女性の活躍を推進しています。「女性リーダー研修」や「仕事×子育てパワーアップセミナー」などの研修を実施し、自らの一層の成長をめざす従業員や仕事と子育てを両立している従業員の支援をしています。また、育児休業から復職した後もより一層活躍してもらうための仕組みやツールを検討しています。
※現在は「女性活躍推進法」の第1期行動計画に取り組んでいます。


女性リーダー研修

育児支援制度の拡充

森永乳業では、ワーク・ライフ・バランス推進の一環として、子育て支援策の充実をはかっています。現在では短時間勤務制度、育児による時差勤務制度等を利用しながら、仕事と子育ての両立をはかっている従業員がさまざまな部門で活躍しています。また、男性の育児参加への意識を高揚するため、「配偶者出産休暇」を 2015年に新設しました。配偶者出産休暇と育児休業を組み合わせて利用する男性も増えてきています。
※森永乳業では2008年、2010年、2012年、子育てをサポートしている事業主としての認定を東京労働局長より受け、「次世代認定マーク(愛称:くるみん)」を取得しました。現在は第6期行動計画に取り組んでいます。

介護支援制度の拡充

近年は家族の介護をしながら働く従業員が増えてきています。これを受けて2017年に、介護休業の法律を上回る通算185日まで3回にわけて取得できるようにしました。また、遠方に住む家族の介護に携わる社員は、帰省にかかる旅費の負担が大きいという考えから、帰省旅費の一部を会社が補助する「介護帰省補助」を2018年に新設しました。仕事と介護の両立を目指す社員を支援しています。

エキスパート従業員制度

「エキスパート従業員制度」では、60歳以上の従業員を再雇用しています。当該従業員にとっては生活の安定を保つことができ、また、職場では能力の高いシニア人財の活用により、若手従業員への技術の伝承が促進されています。

障がい者雇用の促進

森永乳業では、新卒・キャリア採用を問わず、多様なバックグラウンドを持った方を採用しています。障がいを持った従業員もそれぞれの個性を活かせる部署で、自身の能力を発揮しています。

ワーク・ライフ・バランス

森永乳業では、従業員一人ひとりが働きがいのある仕事を効率的に行うことで、個人の生活を充実させ、そこから得た知識や経験を仕事に活かして成果に結びつけていくことを目的に、ワーク・ライフ・バランスの浸透に努めています。

働き方の見直し

森永乳業では、「ノー残業デー」「マイ・ホリデー制度」「インターバル制度」といった制度を導入し、働き方を見直すことで業務にメリハリをつけています。
定時に仕事を終えることを従業員に意識づけるために、本社を含む各事業所で「ノー残業デー」を設定しています。
また、年休の取得促進のために2007年より「マイ・ホリデー制度」を導入しています。これは、事前に3日間の年休取得予定日を上司に届け出ることで職場内でのフォロー体制を取りやすくし、従業員が安心して年休を取得できるようにする取り組みです。こういった取り組みにより、年休取得率は近年上昇しており、2017年度は64.8%となりました。年休取得率85%を目標に、引き続き取り組みを進めていきます。
そして、従業員の心身の健康確保の観点から法令化に先駆けて2014年より全事業所で「インターバル制度」(時間外勤務などを含んだ勤務終了時から翌日の勤務開始時までに、一定時間のインターバルを保障することにより従業員の休息時間を確保する制度)を導入しています。従業員の健康な生活を後押しするとともに、過重労働の防止に取り組んでいます。

ライフイベントに合わせた働き方

森永乳業では、従業員のライフイベントに合わせて柔軟な働き方を選択できるよう、転居を伴う異動のないエリア従業員(地域限定従業員)制度を導入しています。

柔軟な働き方の推進

森永乳業では、「在宅勤務・サテライト勤務」「時差勤務制度」や「フレックスタイム制度」を導入することで、柔軟な働き方を推進しています。
時間資源の有効活用による業務生産性の向上および仕事と私生活の両立のため、2017年より育児や介護等の事由がなくても取得可能な「在宅勤務・サテライト勤務制度」を導入しています。働き方を見直し生産性の高い業務を遂行できるよう取り組んでいます。
森永乳業本社では、始業時刻を7:00~10:00の間(終業時刻は15:30~18:30の間)において、個人別に設定することができる「時差勤務制度」を2015年6月より実施しています。
また、研究・情報センターでは「フレックスタイム制度」によって、仕事を効率的に遂行することの意識の向上をはかります。

ボランティア活動の推奨

森永乳業では、従業員の自発的意思による社会貢献活動を促進するため、ボランティア休暇制度を設けています。ボランティア休暇制度は、ボランティア活動を理由として年間10日を限度として、休暇を取得できる制度です。
ボランティア休暇のボランティアの定義は、「自発性、無償性、利他性に基づく活動」となっており、従業員が広く社会貢献する活動のための制度であるため、原則として活動の内容は問いません。
また、従業員の自発的な意思によって、2006年12月に発足した『森乳スマイル倶楽部』の活動を応援しています。『森乳スマイル倶楽部』では月々の給与の端数(99円以下)など少額を拠出・積立てて、「寄付による支援活動」などを通じ社会貢献に役立てています。森永乳業は、「マッチングギフト」として森乳スマイル倶楽部が支援する団体へ同額の寄付を行っています。
森永乳業は、積極的に社会貢献に取り組む従業員を応援しています。

公平公正な雇用

森永乳業では、機会均等を目指し、多様な人が活躍できるよう公平公正な雇用に努めています。

有期雇用から無期雇用への転換

森永乳業では、契約従業員の人事制度を2016年4月より改定し、有期の契約従業員が一定の経験を積んだ場合について、無期の雇用契約に変更できることといたしました。また、雇用期間の定めのないいわゆる正規従業員への登用制度を導入しており、2016年の制度導入以降の累計で20名の契約従業員を登用いたしました。各雇用区分における責任範囲、期待役割を明瞭にして、多様な従業員が活躍できるように努めています。

退職した従業員の働く意欲に応える制度

さまざまなライフプランやキャリアプランを理由に退職した従業員の中には、将来再び森永乳業で力を発揮したいとの希望を持つ人も少なくありません。そうした要望に応えるとともに、在職中に蓄積した経験やスキル、他社で活躍した経験の有効活用を図るために、退職従業員のリターンジョブ制度を設けています。
この制度の対象となるのは、当社での正規従業員としての勤務経験が3年以上の方で、原則として退職事由は問いません。これまでに7名の方がリターンジョブ制度を利用して当社に復職して活躍されています。

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP