2016年05月11日イベント

こどもが主役の街「キッザニア甲子園」

森永乳業が『ミルクハウス』パビリオンを出展 ~ミルクフードマーケターになって、未来の乳製品を企画することができる!~

 森永乳業株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 宮原 道夫、以下、森永乳業)と、“こどもが主役の街” 「キッザニア甲子園(KidZania Koshien)」の企画・運営を行う、KCJ GROUP株式会社(本店:東京都千代田区、代表取締役社長兼CEO 住谷 栄之資、以下 KCJ GROUP)は、「キッザニア甲子園」へのパビリオンの出展に関して合意し、オフィシャルスポンサーとして「ミルクハウス(Milk House)」パビリオンを7月中旬にオープンすることが決定しましたので、お知らせいたします。

 「ミルクハウス」パビリオンのラボエリアでは、『ミルクフードマーケター(Milk Food Marketer)』として、「どんな商品であればお客さまに喜んでもらえるのか」を考え、乳製品を使ってまだ市場にない未来の商品を企画、味やトッピングを考えて「商品開発シート」にまとめる仕事が体験できます。

 また、「ミルクハウス」パビリオンは『ミルクフードマーケター』の職業体験ができる『ラボエリア』の他に、6歳までのこども(パビリオンでの体験ができない3歳未満の乳幼児を含む)が、自由に遊べる『乳幼児エリア』も併設しています。この乳幼児エリアでは、森永乳業の「赤ちゃん用粉ミルク」や「離乳食」の無料提供サービスも実施します。

 森永乳業は、『“おいしい”をデザインする』という企業スローガンのもとに、牛乳や飲料、デザート、アイス、チーズなど様々な商品を開発・販売しています。森永乳業とキッザニアは「ミルクハウス」パビリオンでの職業体験を通じて、こども達が楽しみながら“おいしい”商品を企画することで、牛乳・乳製品への理解を深めるとともに、親しみを持つことを目指します。

 森永乳業は、「キッザニア東京」に続いての出展となり、両施設で「ミルクハウス」パビリオンを出展することとなります。


TOP