2016年05月11日研究開発

ヒト皮膚3次元モデルにおける紫外線ダメージに対する
アロエステロール(R)による低減効果を確認
~第70回 日本栄養・食糧学会大会(2016年5月13~15日)発表内容のご報告~

 森永乳業は、ヒト皮膚3次元モデルにおいて、紫外線照射による皮膚細胞のダメージがアロエステロール(R)の添加により予防されることを確認いたしました。これらの研究結果を、第70回日本栄養・食糧学会大会(2016年5月13日~15日、兵庫)にて発表いたします。なお、この演題は、日本栄養・食糧学会のトピックス演題に選出されました。

研究の背景と目的

 当社では、これまでにアロエベラゲルからアロエステロール(R)を見出し、経口摂取による皮膚への効果について検討してまいりました。その結果、臨床試験において、アロエステロール(R)摂取により、皮膚水分量や粘弾性の増加、シワ深度を改善する効果を確認しております。加齢や紫外線は、皮膚の老化を引き起こすことが知られていますが、アロエステロール(R)は、紫外線によって引き起こされるタンパク質分解酵素(マトリックスメタロプロテアーゼ;MMP)の過剰な増加を防ぐことがわかっています。
 今回、紫外線による皮膚細胞ダメージに対するアロエステロール(R)の作用を調べるため、ヒト皮膚由来3次元モデルを用いた検討を行いました。


TOP