研究開発ストーリー 素材研究

森永乳業の
ラクチュロース研究

まだ知られていない新しい可能性を、次々と明らかにしていく

お腹の調子で悩まなくて良くなる、食べるだけで痩せる、そして骨まで丈夫になって歳を重ねても元気で活き活きと活動できる。そんな魅力的な食べ物があればいいのに。その要求に応えてくれるかもしれない素材がある。それが森永乳業のオリゴ糖、「ラクチュロース」である。

始まりは赤ちゃんのために

ラクチュロースとは

ラクチュロースは、牛乳に含まれる乳糖を原料として作られるオリゴ糖で、ミルクオリゴ糖とも呼ばれている。牛乳を殺菌することでラクチュロースが生まれるため、牛乳が嫌いな人でなければ、ラクチュロースは、実は知らず知らずのうちに食べている身近な存在といえる。

きっかけは赤ちゃんのうんちの中のビフィズス菌の数

森永Gドライミルク

今から100年以上前の19世紀末頃には、母乳を飲んでいる赤ちゃんと粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんとではうんちの色、形、柔らかさが大きく異なり、母乳を飲んでいる赤ちゃんのほうが健康に育つことが広く知られていた。1899年、フランスのHenry Tissierが、その違いはうんちの中にいる善玉菌、つまりビフィズス菌の数の違いであることを明らかにした。そして1957年、オーストリアのFriedrich Petuelyが、乳糖から作ったオリゴ糖、「ラクチュロース」を加えた粉ミルクを赤ちゃんに飲ませたところ、うんちのビフィズス菌数が、母乳を飲んでいる赤ちゃんに近づくことを発見し、この研究成果を発表した。ラクチュロースは、ヒトに消化・吸収されずに腸まで届くため、ビフィズス菌の餌となり、その結果ビフィズス菌が増えていたのだ。この発表から3年後の1960年、森永乳業はラクチュロースを加えた粉ミルク「森永Gドライミルク」を発売した。それから50年以上経つ今でも、森永乳業は赤ちゃんために、ラクチュロースを粉ミルクに加えている。このように、自分のお腹の中にいるビフィズス菌を増やすラクチュロースの研究は、ビフィズス菌、ラクトフェリン、ペプチドの研究と同じく、赤ちゃんの健康を守るために始まった。

赤ちゃん用から医薬品へ

赤ちゃんのビフィズス菌を増やすために加えられたラクチュロースだが、その後の研究で大人でもビフィズス菌が増えることが明らかにされた。そして、このお腹の中のビフィズス菌が増える効果をうまく生かし、医薬品への応用が始まった。
肝臓病を患うと、肝機能が低下するために、腸内で悪玉菌が作った有害物質、アンモニアを解毒できなくなる。肝臓で処理し切れないアンモニアが増えると、手足がしびれたり、ろれつが回らなくなったり、ひどい場合には気を失ってしまう高アンモニア血症と呼ばれる状態に陥ってしまう。
ここでラクチュロースの登場である。ラクチュロースを服用すると、①腸内で善玉菌であるビフィズス菌が増えてアンモニアを作る悪玉菌を減らし、②ビフィズス菌が作る有機酸が腸内で発生したアンモニアを吸収しにくくする、というダブルの効果を発揮し、血液中のアンモニアを減らすのだ。これらの効果が認められ、ラクチュロース(医薬品名はラクツロース)は、日本では1975年から「高アンモニア血症」用の薬として発売されている。赤ちゃん用として研究が始まったラクチュロースが、その活躍の場を医薬品へと広げた瞬間である。
お腹の中のビフィズス菌が増えるメリットは、それだけに留まらない。ビフィズス菌が作った有機酸は腸を適度に刺激する。活性化された腸はうんちを送り出そうと活発に働くようになる。また、ラクチュロースは腸内の浸透圧を高めることで、水分が腸内に保たれるようになる。適度な水分を含んだうんちを活発に送り出す。そう、便秘薬としても使われているのだ。
医薬品原料として扱われることもある森永乳業のラクチュロースは、医薬品GMP※という非常に厳しい品質管理の下で製造され、日本だけでなく、今や世界中で利用されている。

※GMP:Good Manufacturing Practiceの略。製品の「安全」と「一定の品質」が保たれるように定められた製造に関する規則とシステムのこと。

より多くの声に応えるために

困難を極めた粉末化

ラクチュロース粉末

ラクチュロースは、通常シロップの形状で流通することの多い素材で、イメージはハチミツ。ところが、シロップ状ではべたべたするし、重くて持ち歩くのに不便だという声があった。また、粉末状のビフィズス菌(菌末)と相性の良い粉末状ラクチュロースの要望も高まっていた。そこでラクチュロースの粉末化に取りかかることになったが、その実現は困難を極めた。
まず初めに、一般的な粉末化のありとあらゆる方法を試みたが、なかなかうまくいかない。せっかく粉末にしたラクチュロースが、空気中の水分を吸ったりして、どうしてもベトついてしまう。なかなかうまくいかない中で、多少のベトつきは、もはややむなし、と妥協へと傾きかけながらも研究を進めていた1990年のある日、努力は期せずして報われることになる。ふとした偶然から、ベトつかないサラサラとしたラクチュロース粉末を得る方法を発見したのだ。
しかし、ここからが本当の正念場だった。粉末化の方法やその原理を明らかにしても、実際に工場で製造するためには、多くの技術やノウハウの蓄積が必要だったためである。だが、目標とするサラサラとしたラクチュロース粉末は、ただの理想ではなく、作り出すことが可能だとわかっている。ゴールは見えているのである。そして6年の歳月を経て、とうとうラクチュロース粉末の製造にこぎつけたのだった。それから20年以上を経た今でも、その製造法についての詳細は、もちろん秘密である。
一般的な方法で粉末化したラクチュロースや他のオリゴ糖には吸湿性が高い物が多い中、森永乳業のラクチュロース粉末は吸湿性が非常に低く、ビフィズス菌の菌末との相性も抜群である。さらに錠剤や顆粒に加工しやすい特徴を持ち、健康食品で利用されるなど、用途が広がっている。こうして、森永乳業では、シロップと粉末の2種類のラクチュロースのラインナップに成功し、幅広いニーズに応える体制を整えることができた。

より身近な製品を目指して

毎朝爽快

ビフィズス菌などいわゆる善玉菌はプロバイオティクスと呼ばれる。一方、似た言葉にプレバイオティクスがあり、これは「腸内にいる良い菌を選択的に増やす消化しづらい食物成分」のことだ。ラクチュロースは、典型的なプレバイオティクスで、ヒトに消化吸収されることなく腸に届き、善玉菌の餌となって自分のお腹の中のビフィズス菌を増やすのだ。なお、プロバイオティクス(体に良い菌)とプレバイオティクス(良い菌の餌)の混合物はシンバイオティクスと呼ばれる。
森永乳業では、プレバイオティクスであるラクチュロースを4グラム含む飲料「毎朝爽快」を販売している。この4グラムにも実は訳がある。ラクチュロースの発揮する機能から、ラクチュロースの量が多すぎても少なすぎても良くないと考えたのだ。そこで、300名を超える被験者を対象としたヒト試験を行い、その結果、現在の4グラムという量に行き着いた。その成果が認められ、この製品は、「本飲料はラクチュロースを原料とし腸内のビフィズス菌を適正に増やし、お腹の調子を良好に保つ飲料です。」という表示をしてよい特定保健用食品、いわゆる特保(トクホ)としての許可を1995年に受けている。特定保健用食品「毎朝爽快」は、ラクチュロースをより身近に、より手軽に取るためのプレバイオティクス食品なのだ。

未知の領域への挑戦は終わらない

ラクチュロースの可能性

善玉菌を増やすプレバイオティクス、ラクチュロースの可能性は、これだけに留まらない。ラクチュロースは、一緒に食べたカルシウムの吸収を高めることが明らかになっている。カルシウムは日本人が足りていない栄養素で、摂取量が不足しているうえに吸収の効率もあまり良くない栄養素である。カルシウム不足は骨を細くし、骨粗しょう症を引き起こすと言われている。しかし、カルシウムと一緒にラクチュロースを食べると、一緒に食べなかった場合と比べて体の中に取り込まれるカルシウムの量が増えるのだ。それだけでなく、ラクチュロースとカルシウム、さらにマグネシウムを一緒に食べると、体脂肪量が減るという研究結果まである。ラクチュロースの可能性はまだまだ尽きない。ラクチュロースは、ヒトに直接消化・吸収されないので、血糖値を上げることがない。虫歯の原因菌に分解されないので、虫歯の原因となることもない。
日々進歩する科学とたゆまぬ研究によって、腸内の環境とヒトの健康の間に密接な関係があることが明らかになろうとしている。便秘や大腸がんなど腸内環境と直接結びつくような病気だけなく、アレルギーや、風邪、インフルエンザへのかかりやすさなどにも関係があることが分かりつつある。さらに、脳腸相関と呼ばれる、腸内環境と脳がお互いに影響し合うという研究も世界では盛んに行われており、腸内環境は性格にまで影響を及ぼすとさえ言われ始めている。
ラクチュロースは、自分の中にいるビフィズス菌を増やして腸内環境を整え、さまざまな生理効果をもたらすと考えられている。腸内環境とヒトの健康との関係が解き明かされて行く中で、まだ知られていないラクチュロースの持つ新しい可能性を、森永乳業は次々と明らかにしていきたい。多くの人々の健康に貢献する、そんなラクチュロースの未来は、まだ始まったばかりだ。

TOP