研究開発ストーリー 素材研究

森永乳業の
ラクトフェリン研究

母乳の研究から、成人や高齢者にもその対象を広げる”乳のチカラ”

森永乳業では1960年代よりラクトフェリン(以下LF)について注目し、その研究の歴史は半世紀以上に及ぶ。LFは、1939年にデンマークの研究者により乳中の赤いたんぱく質として初めて報告された。1960年に単離され、乳(ラクト)中の鉄(フェリン)結合物質であることからその名がついた。母乳、特に初乳に多く含まれることから、母乳中の感染防御成分の一つとして注目されていた。

ミルク研究の責任

ラクトフェリンを配合した、世界初の育児用ミルクが誕生

森永乳業は1970年代に、ドイツで合弁会社ミライ社を設立した。ここで、ヨーロッパ各地でチーズの副産物として大量に生産されるホエイから乳清たんぱく質を精製する技術を構築した。ここで培った技術が、未殺菌の牛乳の中にわずかに含まれるLFを大量に分離・精製する技術の確立へとつながり、LFを食品に利用できる途を切り拓いたのだ。

以前から、母乳で育った赤ちゃんは人工乳で育った赤ちゃんに比べて、病気になりにくいということが知られていた。育児用ミルクの開発では、いかに栄養成分や機能を母乳に近づけるかが重要な課題だ。しかし、当初はLFといってもどのような機能があるのかよく分かっていない物質でもあったのだ。LFには、有害菌の栄養素である鉄と結合することで抗菌作用を持つことが知られていた。しかし、あらかじめ鉄と結合していると抗菌活性がなくなってしまう。

そのため、当時の研究テーマは、育児用ミルクにLFを配合した場合に、本当に機能を発揮するのかどうかを確認する必要がある。育児用ミルクには栄養素として鉄分が含まれているので、LFをミルクに入れることの意味が問われていたのだ。

それまで、人間の母乳中のLFがリゾチームというたんぱく質と共存した場合、虫歯菌を凝集させることが報告されていた。リゾチームは唾液にも含まれ、また、腸内にも活性をもって存在することが知られていた。このことが研究のヒントとなる。

牛乳由来のLFでも同様の現象が起こるのか、虫歯菌以外の細菌でも起こるのかは分からなかったものの、牛乳由来LFとリゾチームでも、有害菌の一つ、大腸菌を凝集させることが確認できた。凝集した菌は死滅し、その現象は鉄と結合したLFとリゾチームでも見られることを確認できたのだ。

森永ドライミルク BF-L(1986年発売当時)

この発見をもとに、LFを配合したミルクを使って大学病院と共同で動物試験を行なった結果、試験管内だけでなく動物の消化管内でもLFには有害菌の抑制効果があることを認めることとなった。

さらに技術開発チームにより、LFを配合したミルクの製造適性や粉乳中でのLFの安定性といった課題を確認し、ついに試作品が完成することとなる。

1986年、それらの研究が結実し、世界で初めてLF配合の育児用ミルク『森永ドライミルク BF-L』(写真)が発売された。

乳のチカラ”の開拓

『ラクトフェリシン』が国際特許を取得

ラクトフェリシン

通常、たんぱく質は胃や腸で消化されると小さなペプチドに分解され本来の機能がなくなってしまう。ところが、森永乳業の研究チームは、胃の消化酵素ペプシンで分解されたLFの分解物から活性ペプチドを単離すると、抗菌作用は数百倍にもなることを発見したのだ。その活性ペプチドは『ラクトフェリシン』と命名され、国際特許も取得した。この発見の論文は、その後のLF研究における学術論文のうちで最も引用数が多く、森永乳業のLF研究の強みを国内外に示すこととなった。

さまざまな機能が明らかにされている『ラクトフェリン』
LFやそのペプチドは抗菌作用を持つが、あくまでも有害菌に対してであり、有用菌であるビフィズス菌に対しては逆に増殖作用を示す。LFが多く含まれている母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内フローラでは、ほとんどがビフィズス菌で占めていることから、LFにそのような効果があっても不思議ではない。たんぱく質としてのLFは、消化管で分解を受けるというたんぱく質ゆえの特性がある反面、そのことによって機能が高まるという魅力を持っているのだ。そして、現在までに、LFにはさまざまな機能があることが明らかにされている。LFは、まさに"乳のチカラ"の象徴である。

ラクトフェリン研究のこれから

LFの研究は母乳の研究に始まり、現在では成人や高齢者にもその対象が広がろうとしている。摂取したLFが体のなかでどのようになるか、健康への効果としてどのようなものがあり、どのように発揮されるのか、知見を積み重ねLFの全体像を示していくこと、これが森永乳業の役割でもある。

TOP