研究開発ストーリー 素材研究

森永乳業の
ビフィズス菌研究

ビフィズス菌研究のパイオニアとして

赤ちゃんの健康維持から、『ビヒダス』への応用、菌末の世界的供給までも可能にしてきた森永乳業の『ビフィズス菌研究』。今回は、その研究開発をリードし発展の礎(いしずえ)を築いてきた「森永乳業のビフィズス菌研究の歴史」にフォーカスする。

『ビヒダスヨーグルト』の誕生

1970年代は、森永乳業にとってビフィズス菌利用研究の黎明期

森永乳業では育児用ミルクと母乳栄養の違いのひとつとして、腸内フローラに着目し、その中でもビフィズス菌に注目して研究を行っていた。一方、そのビフィズス菌の価値をさらに伝えていくため、ビフィズス菌をさまざまな製品へ応用するための研究もスタートしていた。1970年代は、森永乳業にとってビフィズス菌利用研究の黎明期に当たる。

ビフィズス菌をヨーグルトへ

やがて、ビフィズス菌入り乳飲料『森永ビヒダス』が1977年に発売されたのをきっかけとして、森永乳業社内でも、ビフィズス菌への期待と可能性が広く認識されるようになった。しかし、今では当たり前になったが、ビフィズス菌をヨーグルト製品に使う技術は意外に難しかった。

ビヒダス1978初代

『ビヒダスヨーグルト』の開発では、賞味期間中でのビフィズス菌の菌数維持がポイントとなる。ビフィズス菌は酸素に弱く、ヨーグルトの中で一定の菌数を維持することは大変難しい。また、乳酸菌と異なり、乳酸に加え酢酸を産生するというビフィズス菌の特徴から、おいしさの点でも工夫が求められたのだ。

ヨーグルトとして相性の良いビフィズス菌と乳酸菌の組み合わせを見つけるために、さまざまな組み合わせでヨーグルトを作り、片っ端から味を見て、ビフィズス菌の保存性とともに風味や匂いの点で良いものを探索した。

こうした研究の成果が実を結び、1978年ついに『ビヒダスヨーグルト』が誕生する。

ビフィズス菌研究への架け橋

森永乳業は日本におけるプロバイオティクス研究のパイオニア

ビフィズス菌BB536

21世紀に入り、世界的にも『プロバイオティクス』という概念が定着しつつあった。その代表がビフィズス菌であることは今では誰もが認めるところだ。近年、乳酸菌やビフィズス菌の具体的な作用や作用メカニズムなどについて多くの研究が行われるようになった。森永乳業は早くからビフィズス菌に着目し、BB536についてさまざまな研究を行ってきたが、その意味で森永乳業は日本におけるプロバイオティクス研究のパイオニアといってもよい。

ビフィズス菌製造技術の始まり

実験や改良をくり返して生まれた『ビフィズス菌末』

研究スタッフ

ビフィズス菌をヨーグルトに利用する研究が進みつつある1970年代、新たな研究テーマが産声を上げる。ビフィズス菌を乾燥させて粉状にした『ビフィズス菌末』の開発だ。当時、食品による健康意識が高まりつつあったころで、カプセルやスティック粉末製品にビフィズス菌を添加するニーズが健康食品業界にあった。しかしここでも困難に直面する。

以前のビフィズス菌末は常温保存すると途端に死滅してしまい、1年以上の賞味期間に耐えられるようなものではなかったのだ。そこで、室温に保管しても安定するビフィズス菌末の開発が急務となった。生きた菌を生きたまま粉末状態にし、しかも室温で長期間安定化させる技術の開発はそう簡単ではない。

実験や改良をくり返した結果、当時としては画期的な保存安定性を有するビフィズス菌末が開発できるようになった。この時の努力とその検討過程で得られた技術やノウハウは、菌体専門工場の稼働に至るなど、今でも森永乳業にとっての大きな強みとなっている。

未知の大陸へ

当時のアメリカはビフィズス菌にとってまさに未知の大陸だった

そんなビフィズス菌の価値を広く世界に届けたい、森永乳業が海外展開を図るひとつの大きな柱として掲げたのがビフィズス菌事業であった。1990年代に入り、森永乳業の国際事業の大きな柱として、「ビフィズス菌を海外で販売できないか」との計画が立ち上がる。

しかし、海外営業とはいっても、当初は、研究者自身がアメリカで開催された健康食品の展示会にさまざまなサンプルとパンフレットを携えて出張するだけだったという。

意外にも、当時アメリカではその業界の人ですらビフィズス菌のことは知られていなかった。現在でこそ、ビフィズス菌やプロバイオティクスという言葉が多くの人に知られるようになったが、当時のアメリカはビフィズス菌にとってまさに未知の大陸だったのだ。しかし、研究者自らが現地に出かけ、ビフィズス菌が人の健康に非常に有用であることや、品質の高さを何度も説明したことが大きな成果を生み、やがてはその価値を理解してくれるビジネスパートナーを獲得できるようにまで発展した。

現在では、アメリカを始め、ヨーロッパ、東南アジアなど、世界のさまざまな地域で森永のビフィズス菌が活躍し始めている。20年前までは未知の大陸であったアメリカだが、今はビフィズス菌に非常に注目が集まっている。

世界中の人々のために

現在、ビフィズス菌は森永乳業の大切な財産となった。近年では、遺伝子を解析するなど技術が大きく進歩し、ビフィズス菌をはじめとする腸内細菌が果たす健康や疾病などとの関連を調べる研究も飛躍的に発展してきている。

森永乳業が研究開発を行ったビフィズス菌で、赤ちゃんからお年寄りまで、世界中の人々の健康に貢献したい。そして、「ビフィズス菌であれば森永」、「森永といえばビフィズス菌」ということを世界中の誰もが知っているようになってほしい。森永乳業の研究者の夢に終わりはない。

TOP