配当について

配当政策

当社は、利益配分につきましては、企業体質の維持、強化のため、内部留保に意を用いつつ、業績、配当性向等も十分勘案しながら、安定的な配当を継続する方針であります。 当社は、年1回、期末において剰余金の配当を行うことを基本方針としており、剰余金の配当の決定機関は株主総会であります。

なお、2017年10月1日をもって単元株式数を1,000 株から100株に変更し、合わせて5株を1株に株式併合しました。 これにより株主さまのご所有株式数は5分の1となりますが、株式併合の効力発生後にあっては、併合割合を勘案して1株当たりの配当金を設定させていただく予定ですので、業績変動等他の要因を別にすれば、株式併合によって株主さまの受取配当金の総額に影響が生じることはありません。 但し、株式併合により生じた端数株式につきましては、当該端数株式に係る配当は生じません。

配当金の推移

決議年月日 1株あたり配当額(円) 配当性向(%)
2018年3月期(予想) (注)50 17.7
2017年6月29日
第94期株主総会決議
9 16.9
2016年6月29日
第93期株主総会決議
7 16.4
2015年6月26日
第92期株主総会決議
7 41.5
2014年6月27日
第91期株主総会決議
7 35.7
2013年6月27日
第90期株主総会決議
7 34.9
2012年6月28日
第89期株主総会決議
7 38.1

(注)2017年10月1日を効力発生日として普通株式5株につき1株の割合で株式併合を実施したため、2018年3月期(予想)の1株あたり配当額では当該株式併合を考慮しております。
株式併合を考慮しない場合の金額は10円となります。

EPS(1株あたり当期純利益)、配当性向

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP