4株主優待・配当

株主優待制度

株主の皆さまからの日頃のご支援にお応えするとともに、当社取扱い商品に対するご理解を深めていただくことを目的として、当社では株主優待を実施しています。

なお、2017年10月1日をもって単元株式数を1,000 株から100株に変更し、合わせて5株を1株に株式併合いたします。
これらにかかり、2018年以降の株主優待については引き続き継続を予定していますが、内容については検討中です。

2017年につきましては、従来と同様に9月30日現在の株主名簿に記録された1,000株(1単元)以上ご所有の株主の皆さまに、11月下旬から12月上旬にかけて、当社商品(「森永絹ごしとうふ」12丁 1,740円相当)をお届けいたします。

Column株主優待品「森永絹ごしとうふ」について

栄養価が高く手軽でおいしい豆腐。日持ちがしないのが欠点です。「森永絹ごしとうふ」は、牛乳を紙パックに無菌充填する製造技術と、包装技術を応用した独自のロングライフ製法により、保存料、防腐剤不使用なのに、10ヵ月の長期保存を可能にしました。
原料は厳選した遺伝子組み換えでない丸大豆を使用。森永乳業の特許製法により大豆の青臭さをなくし、濃厚なコクで口どけのよいなめらかさと、大豆本来の甘みが生きる、香り豊かなおいしい豆腐です。

配当金

利益の配分については、企業体質維持・強化のための内部留保を意識しながら、配当性向を勘案して安定的な配当を続けております。

なお、2017年10月1日をもって単元株式数を1,000 株から100株に変更し、合わせて5株を1株に株式併合いたします。
これにより株主さまのご所有株式数は5分の1となりますが、株式併合の効力発生後にあっては、併合割合を勘案して1株当たりの配当金を設定させていただく予定ですので、業績変動等他の要因を別にすれば、株式併合によって株主さまの受取配当金の総額に影響が生じることはありません。 但し、株式併合により生じた端数株式につきましては、当該端数株式に係る配当は生じません。

配当金の推移

決議年月日 1株あたり配当額(円) 配当性向(%)
2018年3月期(予想) 10 17.7
2017年6月29日
第94期株主総会決議
9 16.9
2016年6月29日
第93期株主総会決議
7 16.4
2015年6月26日
第92期株主総会決議
7 41.5
2014年6月27日
第91期株主総会決議
7 35.7
2013年6月27日
第90期株主総会決議
7 34.9
2012年6月28日
第89期株主総会決議
7 38.1

EPS(1株あたり当期純利益)、配当性向

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP