重要取組課題について

7つの重要取組課題

「かがやく“笑顔”のために」
このコーポレートスローガンに基づき、森永乳業は7つの重要取組課題を策定しました。次の100年に向けて、サステナブル(持続可能)な社会をつくるため、そして人々の健康に貢献する企業でありつづけるための指針となります。

  • 健康・栄養

    健康・栄養

    「かがやく“笑顔” 」を実現する機能性と嗜好性を兼ね備えた商品を開発・販売し、健康・栄養をお届けします。

    ●「栄養価の高い商品」「嗜好性の高い商品」に対する社会のニーズは高く、また、中長期的には高齢社会が加速することは避けられません。森永乳業独自の研究開発力で、心身ともに健康な社会生活の実現に貢献することをめざします。
    ●人口減少・高齢化が進む中、商品力だけでなくライフスタイルを変革する技術やサービスの創造・提供をめざします。

  • 環境

    健康・栄養

    省エネルギー、廃棄物削減に取り組みながら安全・安心な商品を製造し、サステナブルな社会づくりに貢献します。

    ●「気候変動」「森林」などに与える影響を考慮した企業活動を実践します。
    ●限りある資源を有効に活用するためにも、食品ロスの削減に取り組むことを急務とします。

  • 人権

    健康・栄養

    人権に配慮した事業活動を行い、多様性を尊重し、あらゆる人々が能力を充分に発揮できる環境をつくります。

    ●持続可能な社会形成のために、「人」は特に重要な経営資源だと考えています。すべての人の「かがやく“笑顔”」を実現するために、ダイバーシティ(多様性)の推進をはじめ、さまざまな人権課題を社外関係者とともに協力して取り組んでいきます。

  • 供給

    健康・栄養

    環境・人権に配慮した原材料を調達し、安全・安心を重視した製造を経て、高品質な商品をお届けします。

    ●将来的な乳原料の不足に備え、新たな乳原料を使いこなせるよう研究所や工場などと協働しながら、配合設計の研究を重ねています。
    ●安全は、当社の中でも最も重要な取組項目です。現在も行っている安全への取り組みを、引き続き実施していきます。

  • 次世代育成

    健康・栄養

    サステナブルな社会づくりに貢献する次の世代を育成し、未来をつくります。

    ●子どもたちの明るい未来のために、森永乳業は心身の成長やキャリア教育、そして子育てを支援する活動を行っています。

  • 人財育成

    健康・栄養

    「かがやく“笑顔” 」を実現する人財の育成に力を入れていきます。

    ●新人社員から経営層まで幅広く人財を育成することは、企業の持続的な成長につながります。一人ひとりの適性を活かし、能力をのばすことのできる制度構築をめざします。

  • コーポレート・ガバナンス

    健康・栄養

    持続的な成長と企業価値の向上の実現に向けて実効性の高いガバナンス体制の整備および充実に継続的に取り組みます。

    ●ステークホルダーとの対話、積極的な情報開示を通して、適切なコミュニケーションをはかっていきます。
    ●経営層からの継続的なメッセージとともに、ルールの整備、従業員の意識の醸成、サプライヤーとの公正な取引など、内部統制の構築に取り組んでいます。

重要取組課題の策定

「かがやく“笑顔”」をめざして求められる7つの課題を策定

森永乳業は、2017年4月、新コーポレートスローガンを含むグループ理念体系を策定し、発表しました。
2018年、次のステップとして行ったのが、重要取組課題の策定です。
重要取組課題は、私たちの大きな目標である「かがやく“笑顔”あふれる豊かな社会の実現」をめざすために特に優先的に取り組むべき項目です。
策定にあたっては、計4回にわたるワークショップを開催。さまざまな部署から約30名の社員が参加し、取り組むべき課題を抽出しました。そして協議を重ねて7つの大きな課題を策定し、CSR委員会で承認されました。


  • 自然と議論も熱くなるワークショップ風景

持続可能な社会への貢献をめざして

策定にあたっては、行動指針はもちろんのこと、GRIガイドライン、ISO26000、国連が提唱するSDGsコンパスなどを参考にしました。策定した重要取組課題への取り組みを通じ、森永乳業が企業市民として持続可能な社会の実現に貢献できると、私たちは考えています。

持続可能な開発目標(SDGs)

SDGs(Sustainable Development Goals) は、国連が定めた持続的な開発に関する17の目標と169のターゲット。2015年に採択され、2030年までに達成することをめざしています。「誰一人として取り残さない(Leave no one left behind)」を基本とし、経済格差、持続可能な消費や生産、気候変動対策など、世界が抱える問題を解決するために、各国政府やNGOだけでなく、民間企業もまた日々の活動を通して、取り組んでいくことが求められています。 森永乳業は、このSDGsの達成に寄与することをめざしています。

サプライチェーンでの課題抽出

原材料の調達から製造、販売、廃棄に至るまで、森永乳業の活動は多岐にわたります。7つの重要取組課題を策定した際、サプライチェーン全体で課題解決のために当社が行う具体的な取り組みを決め、その中で特に重要だと思われる項目を特定しました。
各部署・部門が連携し、それぞれの課題に取り組んでいます。

サプライチェーンにおける重要取組課題と具体的な取り組み

サプライチェーンにおける重要取組課題と具体的な取り組み

(画像クリックで、別ウィンドウで大きく開きます)

今後の課題(ステークホルダーとの対話とKPIの設定)

今回策定した重要取組課題は、変化する社会の状況やステークホルダーの声を踏まえ、適宜見直していきます。
2017年のSDGs勉強会でご指導いただいた経済人コー円卓会議日本委員会 石田 寛氏からは、「サプライチェーンを見据えて網羅的に整理し、多くの関連する部門が参加し、まとめたプロセスは評価できる。今後は潜在的リスクの抽出、認識の公表、対策に期待する。国連『ビジネスと人権に関する指導原則』に則って企業活動を行うことを宣言すること、そのためには、人権方針の策定が急務である」とのご意見をいただきました。
より多くのステークホルダーとの対話の場を大切にし、時代・社会に即した課題解決に努めていきます。
また、次のステップでは、重要取組課題のKPI※を設定し、それぞれの取組項目の進捗状況や達成度を公表することをめざしています。(2018年11月に人権方針PDFを策定しました)
※ KPI(Key Performance Indicator):活動の進捗状況や達成度を客観的に評価・管理するための数値指標。

関連コンテンツ

  • 会社情報
  • 森永乳業のCSR
  • かがやく“笑顔”のために
TOP