ごあいさつ

株主・ステークホルダーの皆さまへ 私たちは、“おいしさ”“健康”“美容”といったさまざまなバリューのある商品を皆さまにお届けし、日々の生活シーンで皆さまの笑顔の輪を広げていきたいと願っています。そして、価値ある商品を創造し続け、継続的な企業成長をステークホルダーの皆さまとともに実現していきたいと考えています。 代表取締役社長 宮原 道夫

2016年3月期は大幅な増益を達成

2016年3月期は前期と同様に、為替の円安進行の影響などによる輸入原材料の高騰、国内での生乳価格引き上げなど厳しい経営環境が続きました。そのため、2015年春には一部商品の価格改定や容量の変更などを行いました。
一方、「濃密ギリシャヨーグルトパルテノ」、アイスクリーム「MOW」などが引き続きお客さまから高い支持を得たほか、地道なローコストオペレーションにも継続して取り組みました。
その結果、当期の連結売上高は前期比1.1%増の6,015億円、営業利益は110.4%増の143億円、親会社株主に帰属する当期純利益は154.0%増の106億円となり、厳しい経営環境の中でも大幅な増益を達成することができました。

中期経営計画は予想を超える好スタート

2020年3月期を最終年度とする5ヵ年の中期経営計画で当社は、売上高6,400億円、営業利益225億円、親会社株主に帰属する当期純利益120億円の達成を目標としています。
1年目となった2016年3月期は業績面では予想以上に順調なスタートを切ることができました。私たちとしては5年目の目標をできれば前倒しで達成したいという思いがあります。

次の100年を見据えた経営

当社は2017年に創業100周年を迎えます。企業は株主・投資家、お客さま、取引先など多くのステークホルダーからの信頼がないと存続することはできません。これまでの100年と同じように、次の100年もステークホルダーの皆さまにとって必要な存在であり、信頼できる会社だと認識していただけるよう、謙虚に、地道に人々の健康と豊かな社会づくりに貢献していきたいと考えています。
私たち森永乳業は、1917年の創業以来、「乳」の優れた力を活用しながら、「おいしさ」「楽しさ」「健康」「新しいライフスタイル」などさまざまな価値をお客さまに提供することで発展を続けてきました。
今後も次の100年に向けて持続的成長を目指し、継続的に新たな価値を創出していきます。皆さまには今後とも引き続きご支援、ご指導をよろしくお願い申し上げます。

ページトップ