経営理念・経営ビジョン

森永乳業は1917年の創業以来、「乳」とともに歩んできました。
21世紀に入り、お客さまの嗜好や求める豊かさもますます変化してきているなかで、私たちは「乳」の優れた力を最大限に活用しながら、お客さまの多様な生活シーンにおいて、優れた価値を提供し続けます。

経営理念

乳の優れた力を基に新しい食文化を創出し、人々の健康と豊かな社会づくりに貢献する

経営ビジョン

「優れた価値を提供し社会に貢献する」

図

お客さまに満足と共感をいただける価値ある商品、サービスを提供

食の安全・安心を大切に、お客さまに感じていただける価値やベネフィットを徹底的に追求し、私たちのお客さまから最も多くの支持を頂けるような価値ある商品、サービスを提供し続けます。

変革に努め、独自の価値を創造

当社が長年培ってきた『品質管理力』、『技術力』、『開発力』、『営業力』、『原材料調達力』、『業務プロセス改善力』などの独自能力を駆使し、新たな需要を創出し続けます。

社会から信頼される企業

法と社会規範を重んじるとともに、環境保護や省資源の取組みにも積極的にチャレンジします。
そして社会および地域振興に貢献する企業づくりをめざします。

社員が活き活きと働く企業風土

社員一人ひとりが、会社とともに成長し続けることができる企業風土をつくります。

ページトップ