IR情報開示方針

基本方針

(1)森永乳業株式会社(以下当社)は、すべてのステークホルダーに対して、法令遵守のもと経営情報を適時、正確、明瞭、公平かつ継続的に開示することを基本方針としています。

(2)なかでも株主・投資家の皆さまとの適切な信頼関係構築を経営の重点事項と位置づけ、双方向のコミュニケーションの充実に努めます。

(3)IRは重要な経営活動と認識し、説明責任(アカウンタビリティ)を果たすことにより、経営の透明性の確保に努めます。

情報開示の基準

(1)当社は、金融商品取引法・会社法等の諸法令(以下「諸法令」という)ならびに、東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下「適時開示規則」という)に従い、適時、正確、明瞭、公平かつ継続を基本に情報開示を行います。

(2)諸法令や適時開示規則が定める重要事実に該当しない情報であっても、株主・投資家の皆さまにとって有益であると判断されるものにつきましては、個別事業の競争戦略に関わる重要情報や、高度の営業秘密に関する情報を除いて、適時、正確、明瞭、公平かつ継続を基本に開示します。

情報開示の方法

(1)東京証券取引所が定める適時開示規則に該当する重要情報は、同取引所の提供する適時開示情報伝達システム「TDnet」を通じて開示いたします。その後、速やかに当社のウェブサイト(以下「当社サイト」という)にも同一資料を掲載いたします。

(2)金融商品取引法に基づく開示は、金融庁の提供する有価証券報告書等の開示書類に関する電子開示システム(EDINET)を通じて行います。

(3)上記以外の情報についても、投資判断に影響をおよぼす情報は、その重要度および緊急性に応じて、適宜、プレスリリースの配信、記者会見および説明会等を通じて速やかに開示します。

(4)上記(1)および(2)に従って開示された情報は、開示後速やかに当社のウェブサイトに掲載します。また、株主・投資家の皆さまの便宜を図るため、必要な範囲において英語での情報開示を行います。

(5)当社サイトの「株主・投資家情報」のコーナーをより充実させるとともに、様々なメディアへの情報発信を的確に行い、また、説明会、各種印刷物をはじめとする種々の情報媒体を通じて、株主・投資家の皆さまがアクセスしやすい環境で、分かりやすい情報開示を行うよう努めます。

業績予想および将来の見通しに関する事項

 当社の開示資料のうち、過去の事実以外の計画、方針、その他の記載につきましては、いずれも現時点において当社が把握している情報に基づく経営上の想定や見解を基礎としています。従いまして、実際の業績は諸々の要因により見通しとは異なる可能性があります。また、開示資料は、あくまで当社をより深くご理解いただくためのものであり、必ずしも投資をお勧めするためのものではありません。

沈黙期間

 当社は、インサイダー情報の管理を徹底し、公平性を確保するため、決算情報については各四半期の決算期日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。当該期間中は、決算に関する質問への回答やコメントを控えさせていただきますので、ご了承ください。
 ただし、沈黙期間中に業績予想が大きく乖離する見込みが出てきた場合には、開示規則に従い適宜公表いたします。また、沈黙期間中であっても、すでに公表されている情報に関するお問い合わせ等につきましては対応させていただきます。

ページトップ